EP071_L
Q2世帯住宅にリフォームしたい!
A増築の必要がなければ、ひとつの家をうまく分割することが重要です。
ふたつの家族の生活スタイルをよく把握してプランを考えましょう。
平屋の家を分割するのは、よほど大きな家でないかぎり難しいものです。また、2階建ての家でも、縦に割って分割するのはほとんどできない相談でしょう。多くのケースでは、上下階に住み分けることになると思います。私の事務所兼自宅もこのケースと同様、親と同居の2世帯住宅なのですが、親が上階に住んでいます。足腰が弱る年齢なので下階のほうが楽なのでは、と思いましたが、親曰く「2階のほうが暖かい」とのこと。どちらが上の階に住むかは、2世帯が充分に話し合って決めたいものです。
どこを共用するかを考える。
玄関、居間、キッチン、水まわりのうち、どこを共用してどこを個別のものにするか、ふた家族の意志を確認して明確にすることがリフォーム成功の秘訣です。完全に上下階を分け、それぞれにキッチン、トイレなどを設置することは可能ですが、やはり予算もかさみます。お互いのライフスタイルを考えて、まずどこを別のものにするのかをよく検討しましょう。
有った方が良い設備やしっかり固定したり守ったりしなければならない設備もある。←いろいろな設備はこちらのサイトから確認してください。
全体的な傾向ですが、奥さんの実家に住むような場合は、キッチンがいっしょでもうまくやっていけるようです。
もっとも、旦那さんの家に住む場合でも、嫁姑の問題が起きるのは、なにも家の間取りのせいだけではないでしょう。