EP067_L
Q狭い家が広く感じられるようにしたい!
Aなんとなく狭苦しい・・・と感じるのは、絶対的なスペースの不足だけが原因ではありません。
模様替えレベルからのリフォームと、生活スタイルで広く使うことは可能です。
実質的に床面積を増やすとなると、これは増築しかありえませんが、ここでは同じ広さでも「より広く感じさせる」あるいは「より広く使う」ためのプランをいくつか
紹介しましょう。
リフォームで広く見せる、広く使う
1.物を整理する・・・物が部屋を占拠していると部屋は狭くなります。特に雑然としていると、物理的にも雰囲気的にも狭く感じられるものです。リフォーム以前の
問題とも言えますが、まずは物をきちんと整理することからはじめましょう。
2.家具を入れ替える・・・家具の色を統一すると、煩雑な感じがなくなり、部屋全体が広々と感じられるものです。家具のタイプも天井まで届くような背の高い縦長のものではなく、腰レベルの低い横長のものに入れ替えると、家具を見上げる視線から見下ろす視線へと変わることで圧迫感がなくなり、同時に壁が天井と一体に見えるので広く感じるようになります。
3.壁と天井を同じ色でそろえる・・・壁と天井の境目がはっきりしなくなることで、視覚的に広がりが感じられるようになります。同じ材を使うと効果はさらに高まります。
4.天井を高くする・・・部屋の面積が広げられなくても、小屋裏を見せ、天井を高くすることができます。天井が高いと、同じ面積でも広く感じるものです。もちろん、この工事はそれほど手軽なものではないですし、天井内に配管などがあると工事自体が難しいこともあります。
5.天井高さにメリハリをつける・・・キッチンとリビングがつながっているような場合には、リビング側の天井を高くすると同時に、キッチン側の天井を逆に低くすると、リビングが広く感じられるようになるものです。さらに吊り戸棚が低くなり、キッチンの使い勝手がよくなるというメリットもあります。
6.出窓をつける・・・ガラス面が別センチほど外側に移動するだけで、部屋に奥行感が生まれ、広く感じられるようになります。ただし、出窓の奥行きや窓台の高さによって床面積に算入される場合があるので注意してください。
業者は上手に使い分けましょう。その他の不動産関連情報は←こちらからどうぞ。
生活スタイルで広く使う
当たり前のことですが、物を増やさないようにし、収納に必要なスペースを減らすことで居住スペースは増えてきます。意外とこの「物の整理」ができていないケースが見受けられますので、ご自分でチェックしてみてはいかがでしょう。
もうひとつの考え方は、ひとつの部屋をいろいろな用途に使うということです。昔の茶の間は、日中はちゃぶ台を置いてリビングに、布団を敷いてベッドルームに、という使われ方をしていました。このように時間帯によって部屋の使い方を変えることで、ひと間を有効に使うことができます。同時にベッドやソファーなどの場所をとる家具を使わないようにすると、スペースは格段に増えてきます。