EP066_L
司会・・・新築ですと確認申請という法の網がありますが、リフォームはどうなんでしょう?車庫のルーフを設置したり、物置を置いたりとやりたい放題の状況にみえるのですが・・・。
清水・・・車庫のルーフや物置程度なら、リフォームだけでなく、新築の検査直後に取り付けたということもよく見かけますし、家本体の構造には影響しないのでまだいいほうです。一般的に3坪を越える増築の場合は建築確認申請が必要ですが、それを無押して申請せずに工事をするケースもあり生す。
また、建築確認申請しても、完了検査を受けないケースもリフォームでは多いです。
役所では書類上、工事が終わっていないということになります。建ぺい率や容積率を違反していれば当然、完了検査は受けられませんが、増築面で違反していなくても完了検査を受けられないケースが増えています。この場合は、既存不適格の箇所を正しく直しますという申請をします。
しかし、余分な費用が掛かるので手直ししない場合があります。例えば耐震強度上、既存部分が囲い場合、増築部分だけでなく工事をしない既存部分まで原則として補強工事をしないといけません。耐震面の法律が最近改正されたので、これから増築しようという方の多くがこの問題に直面します。
その他、防火構造上の問題も比較的多くあります。仮に増築などの申諭が必要なくても、構造面だけでなく法律を無視した様々なことを自由にやっているというのが現状です。これらは業者や担当者だけの問題ではなく、依頼するユーザーや行政上の問題もあると思いますが、一番間題なのは、そういうことを粟者からまったく知らされずに、みなさんの家のリフォーム工事がなされることだと思います。よく説明を受けて納得してからのことなら、まだ仕方がない部分もあるかなと思いますが、後で知ったユーザーが激怒するということも現実に起こっています。
古賀・・・ユーザーも施工会社も見て見ぬふりなのでしょうね。構造の問題や火災に対する性能等は生死に関わることです。
だからこそ法規で最低限度の仕様が求められていると思うのですが・・・。自己責任で行うのだからそれでよしとするのかもしれませんが、本当にそうなった時の、自分たちや他社への被害に思いを馳せているのかどうかは疑問ですし、それをアドバイスする建築士の責務が「工事費用」のためにうやむやになっていると思うのです。
ところで、不動産といえば、←こちらのサイトがお勧めです。