EP065_L
清水・・・「大手と無名のリフォーム会社と、どちらに頼むのがいいと思いますか?」と、それだけの質問をされたら、「一般的には大手のほうが、何かあった時には安心でしょうね」とお答えしています。しかし、大手はクレームが少ないということではありません。
営業、見積り、設計、現場担当と分かれていればいるほど、新築以上に非常に綿密なコミニュケーションを要するのですが、大手はそれが忙しくてできにくいようです。仮に建築士の担当者がいても、様々な構法のリフォームに精通している人は少ないので、技術的なクレームも頻繁に起きています。
大手だから安心という気持ちは控え目にしておいたほうがよいかと思います。会社のレベルではなく、担当者と職人のレベルで決まるからです。
司会・・・リフォームはやはりきめ細かい対応が必要。大手がどこまでその対応ができるか?これがポイントのようですね。
司会・・・リフォームの融資はどの程度してもらえるのか?不安な方も多いと思いますが、銀行は融資してくれるのですか?
予算が許す限り、もしもの時の為の設備を検討しましょう。←こちらのサイトでいろいろな物件を見られます。
清水・・・公庫のリフォームローン利用なら基準が明確で、昨年度の年収と毎月の返済額のバランスさえクリアすれば簡単に融資してくるという印象があります。公庫以外に自治体など公的なリフォームローンはほかにもあります。銀行直接融資でも、新築と同じように担保価値と勤続年数、前年度の収入、他のローンの返済額などの考慮で融資してくれるようです。審査は以前より厳しくなっているようですので、融資金額がどのくらいまでOKかと心配されていた方もいらっしゃいました。事前に相談に行って、いくら位融資してくれるか、条件や必要書類は何か、聞いておくといいでしょう。